おすすめ

いろんなことを書いています
スポンサーサイト



引退馬の殺処分を減らしたい!競馬を引退し行き場のない引退馬をオーナー所有のまま預託へ!/競走馬を引退後、一定の期間内に乗馬で活用できる馬へ再調教、馬主が支払う引退後の預託費を大幅軽減へ(馬の年金制度)

株式会社馬事学院は、2月17日に競馬を引退し行き場がなくなった引退場をオーナー所有のまま預託できる新しいサービスを開始しました!

株式会社馬事学院は、人材育成や引き取り手のない馬をクラウドファンディングを使って購入したりと、馬業界に広がる問題を解決するためさまざまな事業を展開しています。
今回新しく始まったのは、引退後の問題を解決できるサービス。
競馬に使われていた競走馬は、現役時代に好成績を収めれば種牡馬や繁殖牝馬など、引退後も丁寧に扱われその血を残すことができます。
しかし引退後に繁殖馬として生き残れるのは、ほんの一握りです。
幸運な馬は乗馬などに転用され穏やかな余生を過ごすこともありますが、多くは殺処分されてしまっているのが現実です。
仔馬の頃から見てきた我が子同然の所有馬が殺処分されるのは、オーナーとしてはなんとしても避けたいでしょう。

そうしたオーナー向けのサービスが、今回馬事学院が開始した引退預託のサービスです!
所有権はオーナーに帰属したまま格安で乗馬への転用トレーニング、その後の養老預託まで考えられています。
こうしたサービスとともに理解あるオーナーが増えれば、引退後も穏やかに過ごせる馬が増えるでしょうね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. |  Next

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ