2018年09月

いろんなことを書いています
オルグロー株式会社は、株式会社エスエイウェアハウスと業務提携を2018年9月20日に締結しました!

業務提携をしたのは、東南アジアでのコールセンター・BPO・フルフィルメント業務。
そもそもオルグロー株式会社の100%子会社であるALLGROW COMMUNICATIONS CO.,LTD.は、タイの首都であるバンコクの中心部でコールセンターやBPO業務のサポートを行っていました。
今回の業務提携により、株式会社エスエイウェアハウスはタイ国内でこれまで東南アジアの国々で行っていた業務をスムーズに開始することができます!

東南アジアは経済成長が著しく、世界でも注目されている地域です。
これから東南アジアに進出したい企業にとって、現地にオフィスを構え日本企業向けにサポート業務を行っているオルグロー株式会社は、心強いパートナーとなるでしょうね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト



未経験から在学中にJRA(日本中央競馬会)の厩務員を目指せる「馬の学校 東関東馬事専門学院(通称:バジガク)」が、平成31年4月生の最終募集を受け付け開始しました。5年間で30名の厩務員輩出を目指す。

競走馬のお世話をする厩務員は、人材不足に陥っているとか。
確かに厩務員は騎手や調教師とは違い目立つ仕事ではありませんし、担当した馬の様子をチェックし続けなければいけない緊張感のある仕事です。
テレビで密着した番組を見たことがありますが、確かに大変そうでした。
でも厩務員がいなければ競馬は成り立たないほど、重要な仕事でもあります。

そんな人材不足の状況を変えられるかもしれないのが、千葉県にある「馬の学校 東関東馬事専門学院」。
東関東馬事専門学院では、平成31年4月生の入学枠を約10名分増!
JRA競馬学校厩務員課程の受験資格を満たせ、多数の合格者も排出しています。
多くの人がJRA厩務員試験予備教育を受けて競馬学校に入学すれば、厩務員の人材不足も解消しそうですね。
競馬の発展のためにも、状況に合わせて入学枠を増やすなどの対応は必要だと思います。

「馬の学校 東関東馬事専門学院」では現在平成31年4月生の最終募集の受付が行われているので、競馬や厩務員に興味のある方は応募してはいかがでしょうか?

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
株式会社ワンエステートは、「~人もワンちゃんも安心・快適に暮らせる賃貸住宅~」の見学会を10月14日に静岡県で開催します。

マンションの空室対策として有効なのが、ペット飼育可の物件。
しかしペット飼育可の物件でも、床が滑りワンちゃんの股関節を痛める原因になるなど、ペットに対して優しい物件ではないケースがよくあります。
開催される見学会では、こうした問題を解決するため愛犬家住宅コーディネーターの取り組みを紹介し、ペットとともに暮らせる住まいについての悩みを聞いてもらったり、改善点の提案を受けることが可能です。
入居率を上げるためにペットも快適に暮らせるマンションを作りたい賃貸物件のオーナー様はもちろん、自宅の問題点を解消したい一般の愛犬家も参加できます。

住まいの中でペットに関する悩みがあるなら、見学会に参加してみてはいかがでしょうか?

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ