biid(ビード)大阪北港マリーナの台風21号による高潮被害からの復旧のため大規模修繕工事に着手。 桟橋、ボートヤードを中心に数億円を投じ、機能回復と新規顧客獲得を目的とした大規模工事の実施を発表。

いろんなことを書いています
biid(ビード)大阪北港マリーナの台風21号による高潮被害からの復旧のため大規模修繕工事に着手。 桟橋、ボートヤードを中心に数億円を投じ、機能回復と新規顧客獲得を目的とした大規模工事の実施を発表。

昨年9月に発生した台風21号は、関西地方を中心に多大な被害をもたらしました。
特に被害が大きかったのは大阪湾の沿岸部で、ビードが運営する大阪北港マリーナも大きな被害を受けました。
護岸を3メートルも超える高潮が襲い、桟橋やボートヤードなど様々な施設が全壊したそうです。

台風の被害から半年経った現在でも大きな爪痕が残されていますが、この度大阪北港マリーナでは復旧のための大規模修繕工事に着手しました!
修繕工事では被害の発生前の姿に戻すだけでなく、使いやすい施設に改修するそうです。
数億円規模の投資をして改修工事は行われるそうなので、被害の発生前よりも魅力的なマリーナになりそうですね。
修繕工事が完了したら、海のスポーツを楽しむため訪れてみるのも良いかもしれません。

大きな被害を受けてしまいましたが、災害に備えつつ魅力的な関西のマリーナになれば、以前より多くのお客さんを見込めるのではないでしょうか?

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ