セリで他に買い手がない馬たち「クラウドファンディング」で購入。千葉県八街市の馬の専門学校「馬事学院(バジガク)」学生たちが育て6月7日の大井競馬4Rでデビューへ/313kg過去最少馬のデビューへ

いろんなことを書いています
セリで他に買い手がない馬たち「クラウドファンディング」で購入。千葉県八街市の馬の専門学校「馬事学院(バジガク)」学生たちが育て6月7日の大井競馬4Rでデビューへ/313kg過去最少馬のデビューへ

千葉県八街市の馬の学校「馬事学院」では、セリで買い手の付かなかった馬をクラウドファンディングで支援を受けながら購入して、生徒たちが育成し地方競馬のレースに出走させる取り組みも行っています。

そんな「馬事学院」の生徒たちが育てた競走馬の一頭が、6月7日に大井競馬場でデビューした「バジガクモミジ」
「バジガクモミジ」はわずか313kgと、競馬の歴史上過去最少の馬体重とされています。
一般的な競走馬は400kgから500kg、大きな馬だと600kg近くにもなるので驚くほど小柄な馬です!
残念ながらレースは11頭立ての11着と負けてしまいましたが、今後も馬事学院の生徒さんやクラウドファンディングの支援者さんたちに愛される競走馬になるといいですね。

馬事学院では所有する競走馬の情報もホームページで公開されているので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ