「Soybean Mealセミナー2019」開催報告~高品質・高効率の米国産大豆ミール、購買決定における栄養コスト視点の重要性を示唆、アフリカ豚コレラ問題、米中貿易摩擦の影響も含めて中国市場動向も解説

いろんなことを書いています
アメリカ大豆輸出協会は、10月17日に東京で「Soybean Mealセミナー2019」を開催しました!

「Soybean Mealセミナー2019」には、飼料や搾油メーカー、商社の購買担当者などの業界関係者とメディア関係者が参加。
当日は大豆油の製造工程で出る大豆かすを利用した大豆ミール(SBM)について、さまざまなセミナーが開かれていました!
SBMは、鶏や豚にとって重要なタンパク源。
なかでもアメリカ産のSBMは、他の産地に比べてアミノ酸の可消化率やエネルギー率が高く、鶏や豚の体重増加に良い影響を与えるそうです。
高品質なSBMを飼料として鶏や豚に与えれば、畜産業の効率化に繋がりそうですね。

セミナーではこうしたアメリカ製SBMの優位性を説明するほかに、最近ニュースでも目にする機器が増えた豚コレラの防疫対策、中国の飼料事情などがありました。
今回開催されたセミナーに参加された方々には、有益な時間になったのではないでしょうか?

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ