日本を代表するポップアート「浮世絵」がキラキラゆらめくグリッターiPhoneケースにて新登場! 11月の「大浮世絵展」(江戸東京博物館)でも販売予定!

いろんなことを書いています
日本を代表するポップアート「浮世絵」がキラキラゆらめくグリッターiPhoneケースにて新登場! 11月の「大浮世絵展」(江戸東京博物館)でも販売予定!

東洋ケース株式会社とアクティブジャパンマネジメント合同会社は、「UKIYO KYOTO」という雑貨ブランドを共同で企画・開発し、「浮世絵」iPhoneグリッターケースを美術館などで販売します!

北斎などの浮世絵は、日本を代表するポップアートとして世界でも大人気。
日本を訪れる外国人観光客にも大人気で、お土産として浮世絵のグッズも売れています。
来年は東京オリンピックが開催され、今年以上に訪日する外国人観光客は増える見込みなので、ますます世界から注目されそうです!
「UKIYO KYOTO」が企画・開発したのは、キラキラゆらめくグリッターiPhoneケース。
デザインには葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」と「凱風快晴」、歌川国芳の「相馬の古内裏」の3種類があり、どれも光を反射するとキラキラ輝くきらびやかさがあります。
日本の伝統文化を守りながら新しい要素も取り入れているので、外国人観光客も喜んで買ってくれそうです!
もちろんあまりないタイプのデザインなので、ちょっと変わったiPhoneケースが欲しい日本人が使っても良さそうですね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ