ザ・シェフの剣名舞原作、ドラマ化のされた伝説漫画が初舞台化 総合演出には木村ひさし監督、主演は鳳恵弥 舞台版【女医レイカ】 令和2年3月5日~8日 池袋シアターグリーンBASETHEATERにて

いろんなことを書いています
ザ・シェフの剣名舞原作、ドラマ化のされた伝説漫画が初舞台化 総合演出には木村ひさし監督、主演は鳳恵弥 舞台版【女医レイカ】 令和2年3月5日~8日 池袋シアターグリーンBASETHEATERにて

コミックス全18巻、累計発行部数は100万を超えた人気マンガの「女医レイカ」が、令和2年3月5日から3月8日まで「池袋BASETHEATER」にて舞台化されます!

「女医レイカ」は、ドラマ化もされた大人気マンガ!
主役である心療科医の氷室レイカを中心に、現代人の心に潜む病に向き合ったヒューマンドラマとして話題になりました。
今回の舞台化では、原作者である剣名舞さんが総監修を務めます。
マンガが舞台や映画などで実写化されると、原作とはかけ離れてしまうことは珍しくありませんよね。
なので原作ファンからは、実写化が発表されると期待と同時に不安の声が上がります。
しかし今回の舞台化には、原作者が総監修の立場で関わっているのでファンも納得の完成度になっているはずです!
演出には数々の作品で高い評価を獲得している木村ひさし監督を迎え、キャストも昨年芸能生活20年を迎えた鳳恵弥さんを起用。
実力派が揃った舞台なので、原作ファンはもちろん知らない方も楽しめる舞台になっていそうですね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ