東日本大震災ですべてを失ったお母さんたちが立ち上がりました。道の駅ならぬ「空の駅」を、東松島市に創る為のクラウドファンディグを開始、街の名所を、味を、人を知って貰うための拠点、東北にシンボルを作る

いろんなことを書いています
東日本大震災ですべてを失ったお母さんたちが立ち上がりました。道の駅ならぬ「空の駅」を、東松島市に創る為のクラウドファンディグを開始、街の名所を、味を、人を知って貰うための拠点、東北にシンボルを作る

2011年3月11日の東日本大震災から、もうすぐ4年になろうとしていますね。
震災当時に比べると復興は進んでいますが、しかしながらまだまだ道半ばです。
復興のために、これからも東北地方には支援が必要です!

現在「クラウドファンディング志&志」では、宮城県東松島市に「空の駅を作る提案がされています。
プロジェクトの内容は、東松島市に東日本大震災によって失われたかつての賑わいを取り戻そうというもの。
資金が集まり「空の駅」が建設されたら、多くの人が集まって東松島市も震災前の状態に少しでも近づけるでしょうね。
クラウドファンディングなら簡単に資金提供できるので、東松島市の復興を支援するためプロジェクトに参加してはどうでしょうか?

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ