コヴィア、WiFi IEEE802.11a/b/g/n/acをバックボーンとしたBeacon、屋内GPS(IMES)、Zigbee対応のIoTゲートウェイ「UM-120」を開発

いろんなことを書いています
コヴィア、WiFi IEEE802.11a/b/g/n/acをバックボーンとしたBeacon、屋内GPS(IMES)、Zigbee対応のIoTゲートウェイ「UM-120」を開発

株式会社コヴィアがIoTゲートウェイ「UM-120」を開発し、2015年8月から営業を開始することになりました!

開発したIoTゲートウェイ「UM-120」は、WiFi・Bluetooth・IMES・Zigbeeを搭載し、BluetoothはSmartReadyとBeaconの両方に対応。
Beaconゲートウェイとして使用を想定しているので、スマートフォンやタブレット端末を受信装置として使うこともできます。

既存のスマートフォンやタブレット端末を使えるのは、企業にとっては大きなメリットですよね。
新しい端末を導入する必要がなくなるので、少ない投資で導入することができます。
また、直接コンセントに接続できたりAC電源に対応しているのも、設置場所を選ばずに便利です。
既存の端末を使えて、設置場所を選ばないIoTゲートウェイ「UM-120」は、企業にとって導入しやすい設備ではないでしょうか?

今後は、医療関係や地下街など幅広い分野のソリューションを株式会社コヴィアは推進していくそうなので、それによって私たちの生活がどう変化するのか楽しみですね!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ