新たな夜景で町おこし。「歴史」「文化」「光」で情緒豊かな街の夜を。夜間活性化に向けて、栃木県足利市で「足利銘仙灯り」イベントが初開催!

いろんなことを書いています
新たな夜景で町おこし。「歴史」「文化」「光」で情緒豊かな街の夜を。夜間活性化に向けて、栃木県足利市で「足利銘仙灯り」イベントが初開催!

地方では、様々な方法で町おこしが行なわれています。
栃木県足利市が今年から開催する「足利銘仙灯り」も、そんな町おこしのために行なわれるイベントです!

「足利銘仙灯り」は、「足利冬物語」の夜間演出として開催されているイベント。
イベントで使用される行灯は「足利銘仙」のデザインが施されていて、なんと160種類にも及びます。
このイベントをプロデュースしているのは、夜景評論家としても有名な丸々もとお氏が代表理事を務める(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー。
これまで数々の夜景イベントをプロデュースしているので、完成度はものすごく高くなっているのではないでしょうか?
夜景ファンの方にとっては、見逃せないイベントです!

「足利銘仙灯り」は、2月3日と2月の土日は毎週夜間に開催されています。
昼間も多種多彩なイベントが足利市内では開催されているので、夜景イベントを楽しむために、週末は足利市まで小旅行に行くのも良いかも知れませんね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ