深刻な人材不足に悩む馬業界。馬の学校 東関東馬事専門学院では、平成29年度の募集より、独自の馬業界就職支援制度を適用し、未経験からJRA厩務員、育成牧場求人・就職をめざす若者に、授業費の50%を免除へ

いろんなことを書いています
深刻な人材不足に悩む馬業界。馬の学校 東関東馬事専門学院では、平成29年度の募集より、独自の馬業界就職支援制度を適用し、未経験からJRA厩務員、育成牧場求人・就職をめざす若者に、授業費の50%を免除へ

中央競馬に16年振りの女性ジョッキーが誕生したことで盛り上がる競馬界ですが、現実は深刻な人材不足にあえいでいます。
特に馬産地の生産牧場や育成牧場では、人手不足が深刻化しています。
そうした競馬界の人手不足に対応するために、馬業界で働く人材を育成している東関東馬事専門学院では、平成29年度の募集から新しい試みを始めることになりました!

東関東馬事専門学院が始める新しい試みとは、未経験からJRAの厩務員や育成牧場への就職を目指す若者に対して、授業料を50%免除する支援制度です。
授業料が半額になれば、これまで以上に馬業界への就職が目指しやすくなりますね。
また、授業料を50%免除する制度とともに、在学中のインターンシップで最大100万円の報酬を受け取れるカリキュラムの導入も決定しました!

2つの制度を利用することができれば、経済的な負担は大きく減らすことが可能です。
将来JRAの厩務員や育成牧場への就職を目指す方は、これらの制度を活用してみてはいかがでしょうか?
経済的な負担が減るので、勉強にも集中できますよ。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ