新電力は大丈夫?1,000人アンケートから見えた消費者の誤解!

いろんなことを書いています
4月から始まった電力自由化。
開始前はテレビでも取り上げられ話題となりましたが、実際に新電力に切り替えた家庭は4月22日現在わずか1.2%だそうです!
鳴り物入りで始まり各社激しいPRをしたものの、今のところ思惑どおりに進んでいないのが現状と言えるのではないでしょうか?

そこで新電力・電力自由化くらべる君を運営する株式会社パイルは、2016年4月25日から5月2日まで男女1000人にWEBアンケート調査を行ないました!
そのアンケート調査の結果を分析してみると、回答者の多くは電気料金や工事費、供給力など様々なことに不安を感じているのがわかります。
安く安定した電力を使えるかわからないので、新電力への変更を躊躇う気持ちは良くわかりますよね。

これから新電力への移行を促すためには、電力会社や行政が積極的に情報を公開して、わかりやすく消費者に伝えることが大切ではないでしょうか?
また、消費者も新電力に変更する際は、正しい情報を収集して比較することが大切ですね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ