OFF Line社、世界最長距離(見通し直径900m、半径450m検知)のビーコン(BLE)端末を開発し、自社開発の独自検知アプリをドローンに搭載し、上空150mからのみまもりサービス実証実験に成功

いろんなことを書いています
OFF Line社、世界最長距離(見通し直径900m、半径450m検知)のビーコン(BLE)端末を開発し、自社開発の独自検知アプリをドローンに搭載し、上空150mからのみまもりサービス実証実験に成功

OFF Line株式会社は、平成28年6月17日にドローンによる見守りサービスの実証実験を行ない、無事に成功することができました。

今回OFF Line株式会社が行なった実証実験では、スマートフォンアプリの検知用固定端末をドローンに搭載し、世界最長(見通し直径900m、半径450m)の電波距離を持つ独自のビーコン端末(Bluetooth Low Energy)を上空150mから検知することができました。
この技術を利用すれば、子どもの見守りや徘徊老人の捜索にも応用することができます。

最近は子どもが大きな事件に巻き込まれたり、徘徊老人が行方不明になったりと、人々を不安にさせる事件が続いています。
しかし、今回の実験を元に新しいサービスが開発されれば、子どもが事件に巻き込まれる前に防ぐことができたり、行方不明になった徘徊老人も早期発見できる可能性が高まります。
新サービスが実用化されるまでには、まだまだ時間が必要なようです。
ですが、人々の安全を守るためにも、今回の実証実験を生かした新しいサービスが少しでも速く登場し、世間一般に普及することを期待したいですね!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ