コンカー、日本CFO協会、日本文書情報マネジメント協会、新経済連盟 スマホでの経費精算を可能にする電子帳簿保存法規制緩和に歓迎声明を発表

いろんなことを書いています
コンカー、日本CFO協会、日本文書情報マネジメント協会、新経済連盟 スマホでの経費精算を可能にする電子帳簿保存法規制緩和に歓迎声明を発表

国税庁は、7月7日に電子帳簿保存法の規制緩和に関するガイドラインを発表しました。
これに対して、コンカー、日本CFO協会、日本文書情報マネジメント協会、一般社団法人新経済連盟は、2016年7月13日にこのガイドラインを歓迎する声明を発表しました!

これまで領収書を電子化する場合、スキャナは原稿台と一体型に限るという規制がありました。
そのため、サラリーマンの負担は大きく、生産性が低下するゲインとなっていたのです。
しかし、今回発表されたガイドラインにより、スマホやデジカメを活用した経費精算ができるようになります!
これにより、領収書の糊付けや輸送、保管、管理など、1兆円以上の社会的コストが日本から削減できるとされています!

これからは、経費精算をするときにスキャナを使う必要はありません。
手元のスマホで経費精算ができるので、労働者にとっては歓迎すべき規制緩和ですね。
企業にとっても、無駄なコストを削減できるので、大歓迎すべきことではないでしょうか?
今後も効率化を推し進めるために、様々な規制は緩和して欲しいですね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ