取扱説明書(マニュアル)をAIで自動作成し、取扱説明書を取り巻く社会環境を改善するAIシステム“CAMM”を開発し、提供していきます。

いろんなことを書いています
製品の取扱説明書は、分厚かったり難しい言葉が多くて読む気になれません。
添付するメーカーも消費者が取扱説明書を読まないのはわかっているらしく、その結果予算を削減するため年々クオリティが下がっているそうです。
するとますます取扱説明書は読まれなくなり、メーカーのサポート費用や事故が増える結果に繋がっています。

こうした取説の状況を変えるかもしれないのが、クーリード株式会社が提供予定のサービス。
クーリード株式会社のAIを用いて取扱説明書を自動作成するサービスを活用すれば、メーカーは負担を抑えながらクオリティを上げることができます。
取扱説明書が今までより読みやすくなれば、私たち消費者も手に取って読んでみようかなという意識になるので、サポートに問い合わせたり万が一の事故も未然に防げそうですね。

取扱説明書のクオリティアップはメーカーにも消費者にも大きなメリットがあるので、AIを活用した新サービスが広がっていけば現在の状況も一変しそうですね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ