新文芸! マシン獣と少年の種族を超えたピュアな恋愛関係。『ビーストメカニズム 機械獣と肉体の融合、僕は獣に恋をした。』文系工学博士(?)が書く、書籍累計10万部突破のシリーズ最新作。プレゼントあり。

いろんなことを書いています
新文芸! マシン獣と少年の種族を超えたピュアな恋愛関係。『ビーストメカニズム 機械獣と肉体の融合、僕は獣に恋をした。』文系工学博士(?)が書く、書籍累計10万部突破のシリーズ最新作。プレゼントあり。

有限会社イナズマは、株式会社クラブハウスから新文芸/ドラゴン系ライトノベル「ビーストメカニズム―機械獣と肉体の融合、僕は獣に恋をした。」を7月16日に発売しました!

「ビーストメカニズム―機械獣と肉体の融合、僕は獣に恋をした。」の著者は、現役の理系大学講師で博士(工学)号を持つ米村貴裕氏。
博士号を持つ理系大学の現役講師が執筆する作品なら、科学的な根拠はしっかりしてそうですよね。
実際にレビューでもSF小説としての完成度は高く評価されており、最新の科学知識が身につくと指摘されています
巻末には専門用語集も付属しているので、子どもに読ませたら読書の習慣が付くとともに、理系にも強くなれそうですね。
ライトノベルで重要なイラストは、海外でも有名なウスダヒロ氏が担当。
子どもからライトノベルを親しむ中高生、さらには大人まで楽しめるエンターテイメント小説になっているのではないでしょうか?

SF小説が好きなら、是非とも手に取って欲しい一冊です!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
関連記事
スポンサーサイト



 | Copyright © いろいろかくにっき All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ